FC2ブログ

2008.8 済州島 1泊2日 旅行記 後半

城山日出峰を見学後は、ここから近くのオールインハウスへ。
オールインハウス、ただのロケ地かと思ったら海が広がる景色がいい名所らしく
観光客で大賑わい。

済州島
普通に海の風景。岩が変っているかな?って感じ。
済州島は韓国ではハネムーン島と呼ばれ、ハネムーンの定番旅行先らしいが
今時日本では見たことないペアルックのいかにも新婚さん?を何度も見かけた。
そして大抵抱き合ったり、肩を組んでイチャイチャと記念撮影(笑) ここでも数組の
新婚さんらしいカップルがいて微笑ましいような、こっ恥ずかしいような複雑な心境でウォッチ~

済州島済州島
オールインハウスのロケ地話はこちら

お次はパークサザンランドへ。
済州島済州島
太王四神記のロケ地話はこちら

最後はトッケビ道路(神秘の道路へ。
済州島
おばけ道路と呼ばれている不思議な道路。登り坂に見えるが、実際は下り坂。
目の錯覚で見えるみたい。ペットボトルが置いてあり、水をかけると水が流れてくるので
ああ、ホントだ~。車で途中まで行きエンジンを止めて実験もしてくれた。

何もない道だったのが偶然、タクシードライバーが見つけて話題になり、今や観光名所に。
売店が出店し、観光バス、乗用車用の大きな駐車場もあり
たくさんの人が見物に来ていた。人が集まるのでお店もどんどん建設予定。
何もない山道だったのに、この道路のお蔭で土地の値段が上がってしまった模様。
ちなみに今回のタクシードライバーさん、第二のおばけ道路を探しているらしい(笑)
そして、そこの土地を買って・・なんて話で盛り上がってしまった。。

たまたま先日、朝のTV番組をみていたら日本の久米島にも同じような‘おばけ坂‘と
いう場所があり、あの道路と同じだわ!って、へぇ~~。

今回のドライバーさんはよく喋る人だが、感じがいいので旦那が気に入ってしまい
2人で延々とお喋りしてた。旦那は韓国の徴兵制度に興味があるらしく質問攻め。
社会人になってから行く場合は会社はどうするの?とか、どんな訓練するのか?など。
やはり2年間はメチャ厳しく辛いらしく人生観が変ると言っていた。
そりゃ、そうだよねー。若い遊びたい盛りに兵隊さんだもの~ さぞかし辛かろうよ。。
徴兵された時のエピソードを面白おかしく語ってくれ、その他、韓国の歴史の話や
済州島の話など色々とお話してくれて楽しかった。

チャーターの時間は6時までなので新済州市の済州グランドホテル近くで降ろしてもらう。
ここで早めの夕飯を食べて空港に行きたいから地元の人が行くような焼肉屋は
ないか?と尋ねたら、安くて美味しい店があるよと連れて来てくれた。

焼肉屋の前で今日の車代の支払をする。
旦那がとても楽しかったのでチップをあげて欲しいと言う。チャーター代は
116000ウォンなので、チップ入れて130000ウォン用意して渡したら、今日は
110000ウォンでいいという。なんて良心的な人なの~~。
お金を数えて、こんなに多すぎると言って110000ウォンだけ取り後は返してきた。
なんだか悪くなり、‘じゃあ、少ないが気持ちだけ・・・‘と10000ウォン渡したら、困った顔を
して何度もお礼を言うのでこっちが恐縮。
元々は116000ウォンの予約だし、チップ込みでも120000ウォンなのですごく払ったわけでも
なく数百円のこと。欲のない人で素敵。。とても心が暖まる気がした。

旦那は、アジアのガイド=隙あらば・・・のイメージでいたので意外だったらしく
‘本当にいい人だったなぁ‘と、ご満悦の様子。私もいい方に当たって嬉しい。
いつか新しい‘おばけ道路‘見つけてラッキーな事があるといいね♪

済州島
連れて来てくれた焼肉屋さんはグランドホテルの裏にある御座というお店。
済州島の名物、済州黒豚を最後に食べる。

済州島
済州島
済州島
生肉と味付きと1人前ずつ頼んだ。両方とも一人前 10000ウォン。
前日のカルビ屋の黒豚よりもこっちの方が美味しい~。
脂っこくなく、まろやかな味。これで20000ウォンだなんて、本当に黒豚?と疑うけど
本当に黒豚らしい。最後に美味しいご飯が食べられて大満足。

まだ空港に行くには時間があったのでグランドホテルのカジノで遊ぶ。
その後、タクシーで空港へ。空港までは3000ウォンぐらいだった。

チェックインを済ましてお土産屋をブラブラ。お店はちょっとしかないので
ラウンジで時間まで過ごす。
済州島済州島
ラウンジの話はこちら

済州島
帰りも同じ席。今度は飲物が出るまで起きてられた(笑)

飛行機は23:45に羽田に到着。、この時間は1便だけなので入国審査、荷物受取も
早い。国際ターミナル隣のP5の2日間の駐車料金は、国際線割引料金で
たった2000円なり。安いっ!(1泊1000円) 夜の湾岸飛ばして1時過ぎに帰宅。
早朝便で行き、深夜便で帰るので1泊2日でもたっぷり遊んだ済州島だった。

済州島はのどかで人が優しい、食べ物美味しい、風呂やマッサージなど旦那の好きな
ツボを押さえた2日間だったので、韓国株が一気に上昇。
‘済州島、また来てもいいよ、韓国いいね‘って、別人のような変りよう(笑)
今回の旅行でコケたら、また二度と行かないとか言い出すんじゃないかと思っていたが
よかった~。我家の旅行先リストに韓国が加わって大成功の巻っ♪の旅行でした。

最後はお土産編。
でも、ちょびっとです~

只今、コメント欄は閉じてます。
BBSはこちら ♪



関連記事
スポンサーサイト