2016.5 ミュージカル♡The Phantom of the Opera@NYC


エンパイヤ・ステートビルに行き
周辺ふらりして一旦、部屋に帰ります。

一息入れて、着替えてお出かけ。

NYCでやりたかった
ミッション10。

ブロードウェイで
ミュージカルを観る


初めてNY。当然、観るでしょ~♪

数あるミュージカルの中から
ずっと前から、観るならコレ!と
決めてました。

DSCF8240.jpg
オペラ座の怪人

決めていたクセに、実は、
日本でミュージカルはおろか
映画さえ、観たことなくて(爆)

じゃ、何で昔から決めてたんだと
言うと、超有名だから!

ミュージカルと言えば
オペラ座の怪人。
ミュージカルの本場と言えば
ブロードウェイ。

なので漠然とNYで観るのだ!と。

旅行が決まり、チケット申し込んだら
猛勉強^^

結果、ハマりにハマり、
大マイ・ブームの中、
観に行ったのです。

チケットはVELTRAから
1枚 $109で購入(当時)
WEBサイト→こちら

マジェスティック劇場までは
タクシーで。周辺は渋滞していて
途中で降りて歩き
劇場のチケットブースでバウチャーと
引き換えに並んで入場。

DSCF8237.jpg

旦那は映画も観てないので(笑)
日本語音声ガイド貸出を
その場で申し込んだ。
(身分証明書を預けます)
$10だったような…?

席確認したり、トイレ並んだり
バタバタと忙しくて、画像撮る時間もなく
キャストの案内表を撮り忘れ
帰ってからも、すっかり忘れ、
誰が演じていたのか、未だに
わからないという…

席は1階の前方(6列目だっけな)の真ん中で
よく見えた。自分で選べないので正直、
期待してなかったから嬉しかったな。

生の歌声、オーケストラの音楽が
大迫力。舞台セットも目の前で
見えるのでよくわかる。

有名なシャンデリア落下も
おーー!これかっー!!!

総勢で踊るマスカレードも
豪華だったし、地下の洞窟も
うまく演出してる。

言葉は英語なので、ほとんど??だが
来る前に何度も何度も観てるから
これはあのシーンだわって
理解でき、食らいつき。

旦那は途中何度も
コックリ、コックリと船出してた😃

でも、いいのよ。一緒に来てくれただけで
有難いから!!!

ブロードウェイでミュージカルを
観られた。
ドハマりだったオペラ座の怪人。
来てよかったよー。感激

さて、劇場を後にして次の場所に
向かいます。つづく~




超有名なオペラ座の怪人。
ミュージカルで、映画で、小説で
観た、読んだ方も多い多いかと思いますが…

こんなに、いい作品だったとは。

今回、たっぷり感想書きます!

ここからはネタバレですので
ご了承ください。

あと、長いです…
一記事でまとめたいので。

opera.jpg

最初に観たのが映画。

オペラ趣味じゃないし、大丈夫か?
心配だったが、さすがハリウッド映画よ。
最初のシーンで
引き込まれてしまった。

意外だったのがファントム(怪人)役の
ジェラルド・バトラーが好みで
あら、けっこーいいかも??
クリスティーヌが好きで好きで
恋する怪人。想像より好感。

有名なあの音楽。

ダーン、ダダダダダダーン
ダダダダダーン♪

ここしか知らなくて(笑)

シャンデリアが落ちる時の
(これは聞いて知ってた)
効果音ぐらいにしか思ってなかった。

そしたらよ!
なに?意外とPOPな曲で
いいじゃない!!!

地下に降りる時、クリスティーヌを
気使いながらエスコートするファントム。

この時、まさかのファントム落ち♥️
自分でもびっくりよ~

でも人形作ってたという
オタッキーさに引いた(笑)

気絶しちゃう、クリスティーヌ
演じるエイミー・ロッサムは若くて
純粋そうで、この役よく合ってる。

このままだったら、師匠のファントムと
デキちゃってハッピーエンドか?
だが、ラウルが現れてスッタモンダ。

マスクを取っても 思ったより
醜くないし(ハリウッドメイク!)
ファントムでも、いいんじゃね?だが

まぁ、生い立ちがナンなんで、愛を
知らないのが強烈に愛しちゃったから
猟奇的だし、王子様なラウルになびくのも
しかたない。

けど、ファントムが
せつなくて、せつなくて…

最後の方で、去って行くクリスティーヌが
恩師への感謝、慈愛…少し本当に
愛してた?(あくまでも私感)

いろんな感情が湧き出たようなキスをしたら
ファントムの心がいろんな事に対して
許すような穏やかな気持ちになるのが
泣けてね~(これも、勝手な解釈)

で、ラスト。
お墓のシーンで、クリスティーヌは
ラウルと子供と一緒に幸せに過ごしたんだな。
と思われる墓石の文字。

そこに赤い薔薇が一輪手向けられて
その薔薇が枯れてないということは
あれからずっとクリスティーヌを
見守っていて、今も…と思ったら
ファントムの深い大きな愛に号泣~😭

こんな話だったのね!
せつなすぎる~~

今でもザ・ファントム・オブ・ジ・オペラを
聴くと胸がキューンする。

シャンデリア落下の効果音だと
思ってたのに(≧▽≦)

opera1.jpg

次に観たのが
25周年記念公演inロンドン。

ロンドンで公演されたミュージカル。
ふむふむ、舞台になると
こんな感じなのか~

映画にどっぷりだったので、新鮮だけど
ミュージカル慣れしてないので
かなり違和感あったが
2回目に観たら、すんなり入れた。

ファントム役のラミン・カリムルーがアダルト。
ルックスはジェラルド・バトラーが好みだが
歌声は、これぞ!ミュージカルスターで
大迫力!

ジェラルド・バトラーの不器用そうな?
歌声も好きだけど、舞台では
やっぱ、これだわねぇ~

クリスティーヌのシエラ・ボーゲスも
アダルトで大貫禄。エイミー・ロッサムの
少女ぽさがなく、最初違和感だったが
まぁぁ~歌ったら、凄いこと、凄いこと。

びっくりしたのが大好きな
ザファントム・オブ・ジ・オペラ。

最初から凄いんだけど
最後のア~~ア~~の、とこ。

ファントムのSing, my Angel!
Sing for me!

これって調子つけの合いの手?
ぐらいに思ってたのに

この2人だと全然違って、まさに調教!?
声のムチに手振りのエアームチ!

クリスティーヌが取りつかれたように
声が出ちゃって!

やっぱりミュージカルスター同志の
共演なんだなぁ~

あと、ラストが映画と違うのね~
映画の方が涙、涙で好きだけど
これはこれで舞台ならでは、だわ。

うわ~NYの公演が楽しみ~

そして、手を出さなきゃいいのに
↓も観てしまった…

opera3.jpg

Love Never Dies(ラヴ・ネヴァー・ダイズ)

続編があったのですね。

だが、これを観た方って少ないのでは
ないでしょうか??

しつこいけど、ここからは
ネタバレです。


これもミュージカルでパリのオペラ座から
NYのコニー・アイランドに変わるのだが、

ファントムもクリスティーヌも
×で…(ごめんなさい!)
それは好みということで
ストーリー。

‘おったまげ‘という言葉は
こういう時に言うんだな!と
思ったわ…w(゚o゚)w

クリスティーヌがファントムの
子供を産んでいたことに!!!

あんた達、いつの間に!?(゚д゚)

思わず、映画を見返した。

思い当たるのは人形見て気絶して
ベッドで寝てたシーン。
起きた時に白いタイツ?がなくて
生足にも見える。この時か!?

えぇぇぇ~~!

さらに‘おったまげ‘だったのが

ラウルと一緒に逃げるように
去ったくせに

さも、愛してたのに捨てられて
内緒で産んで育てました風味。

はぁぁぁ??

あの最後のキスはなんなのよ!
プラトニックだった(と思ってた)
から泣けるのに。

最後のお墓のシーンで
良き妻、良き母として…の
文字は??

感動を返して~~

あ、ラウルに関しては、全部
影薄くて…💦
それだけ、2人が強烈で眼中に
あまり入らなかった。

突っ込みどころ満載な続編で
印象的だったのが
息子が自分と同じ感性を持ち、
それに興奮しちゃい
感極まってマスク取って
息子がキャーーー!!!って( ̄▽ ̄;)

2回も助けるマダム・ジリーの
心中はいかに?ちと気になった。

娘メグがファントムLOVEで
キレるというラスト。

あらら、そうきますか~

幸せに暮らしておばあちゃんになって
亡くなったと思ってたのに。

あたしの涙のツボな、お墓のシーンが
台なしよー(`o´)

でも、ファントムは残された息子を生き甲斐に
生きるというオチで、落ちぶれ、飲んだくれだった
ラウルが立ち直って引き取り、立派に育て
最後のお墓のシーンに繋げるという
妄想もできるが

やっぱり、無理があるよなぁぁ。

かなり感動した話なので
観なきゃよかった感があったが
これは別物と思い、また映画を
お目目直しで観てロンドン公演観て
気分を高め、NYに行ったのでした。

いや~ハマった、ハマった~。
こんなにハマったの韓ドラ以来かも!(笑)

去年、劇団四季の横浜公演があって
行くか、行くまいか、悩んで…。

日本人、日本語だと、
馴染めない気がして
ブロードウェイの、いい思い出で
終わらせたほうがいいかなって
行かなかった。

が、やっぱり、それはそれ。
行けばよかったかも?と思い始めていて
機会があったら、四季も行っちゃうかも!

そんな、こんなの
オペラ座の怪人でした。

旅行記から、いきなり
熱い感想記(しかも3作も!)で
長くてスミマセンでした☺

旅行記は続きます!

関連記事
スポンサーサイト