FC2ブログ

2012.11 出雲&松江 旅行記 八重垣神社など

宍道湖のうさぎちゃんにシジミを
お供えした後は 八重垣神社へ。

出雲大社と並び縁結びの聖地と
いわれ人気がある神社です。

ここは印象深くて、よーく憶えてるわ。


WEBサイト→こちら

ここね。女子にすんごい人気で
画像の下は女子、女子、女子!

2012_11030379.jpg

無料ガイドもあり、詳しく
説明してくれました。

スサノオノミコトが
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)から救った
クシナダヒメを祀った神社で
2人が仲良く暮らした地でもあり

社殿の奥の森にはクシナダヒメが鏡として
使ったされる鏡の池があります。

2012_11030393.jpg

ここで行う‘鏡の池占い‘が大人気で
女子が押し寄せるの。

神社社務所で占い用紙(100円) をもらい
鏡の池で占い用紙に10円を乗せて

15分以内に沈めば良縁近し。
30分以上なら縁遅し。
(15分~30分は?早くも遅くもないってこと?)

また前で沈めば近くの人と縁があり
流れて遠くで 沈めば遠くの人と
縁があるといわれ

池にいるヤモリはヒメお使いで
占い用紙に触れてくれるとラッキーとか(笑)

2012_11030405.jpg

わたし達が行った時は女子グループが
一斉に占い中で

‘行け~~‘‘行けぇぇぇ~~‘
‘キャーーーー!‘って

競馬場かと思うほどの
凄い盛り上がり!(笑)

しばし、周りを散歩して戻り
グループが去って静かになった池で
わたし達も挑戦。

わたしは今さらいいけど、せっかくだから
やってみたいじゃない^^

2012_11030402.jpg

占い用紙は水に濡れると
文字がでてきます(乾いていても読めるけど)

‘誠実な人をさずがる‘ですって。

あー、うちの旦那、真面目だしなぁ…。

などフムフムしながら10円玉を乗せて
カメラ出して画像撮った直後、

吸い込まれるようにスっと
沈んで行き

早っ‼

時間にしたら1分ぐらい?
連写撮影で2枚しか撮ってないもの。

しかも池の縁(手前)で沈んで
近い人って本当だわ。

隣にいた親子連れ(母娘)の
お母さんのも
あっという間に沈んでた。

‘ママは結婚してるから早いのよ‘
と言ってたけど、ちょっと怖~

2012_11030404.jpg

友人と娘さんのは沈まぬまま…

すると1人でやってきた女性が
いて、この方のはすぐにスっと沈んで

1人という事は独身だろうけど
沈むのがメチャクチャ早かったから

ご縁がすぐ近くなのかな…思っちゃって
すっかり信じちゃったよ…

2012_11030417.jpg

沈黙のまま漂う占い用紙…

結局、友人のは10分ぐらいで
沈み、娘さんのはそのままで
わたし達は池から去りました。

不思議な池というか、これは
女子に人気があるのがわかる。

2012_11030377_20141110141509459.jpg

神社の鳥居向かい側にある 夫婦椿。
二本の木が一本の木になってます。

また資生堂・花椿会がこの夫婦椿を
シンボルとしていてることから
資生堂の重役さん達が参拝にくるそう。

2012_11040103.jpg

美人なクシナダヒメにあやかって
美のご利益をと化粧ポーチに付ける
椿のストラップを。

縁結び、夫婦円満、美のご利益と
女子が押し寄せるのが納得の神社でした。

次に行ったのは↓

2012_11030422.jpg

熊野大社

2012_11030432.jpg

スサノオノミコトを祀ってます。
スサノオがこの地で初めて火を
生み出したことから火の発祥の神社といわれ

スサノオのお母さん、イザナミと
妻のクシナダヒメと、そのご両親(義両親)も
ファミリーで祀られているらしい。

奥さんのご両親もって珍しいかも。
スサノオ… なんか、イイ♥

立派な神社だったなぁ。
大賑わいの八重垣神社と違い
落ち着いた神聖な空気が漂ってました。

ご利益は玉の輿運UP
みたいです^^

2012_11030434.jpg
2012_11030438.jpg
須我神社

スサノオノミコトがクシナダヒメの新居で
日本最初の初之宮。初めて和歌が
詠まれた地でもあるそう。

夫婦円満のご利益があるそうで
お札をいただきました。

3つの神社巡り。

早い話が勇敢で男らしいスサノオノミコトと
美人な奥さんクシナダヒメの
ラブラブ夫婦の愛のメモリー?(笑)
にあやかり

スサノオのような男らしい男性との
良縁、2人のような幸せな夫婦円満に
なりますようにを願うって
感じでしょうか。

ここから次なる地に移動しました。
つづく~

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント