FC2ブログ

2014.1 大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション

ハワイから、いきなり大阪旅行の
大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション
の話に突入です。

2/16までの開催なので
あと2週間もないけど、
せっかくなら開催中のほうが
いいのかな。でも…

モヤ~

まっ、とりあえずUPしちゃおう。

ネタバレありますので
ご了承を…



大阪には大晦日、元旦と宿泊し
元旦の夜に行きました。

料金は
一般チケット 1600円(特定日2000円)
プレミアムチケット 3000円(特定日 3500円)

この日は特定日で2000円か3500円。

有料チケットに、うーんでしたが、
大掛かりなイベントなのと、遠方なので
なかなか夜の大阪城に行く機会がないから
行こうかーと。

前売り買ったほうがいいのか悩み、結局
当日の天候(雨、寒さ、風)で
決めようと当日券を買うことに。

空いていたら一般、混んでいたら
プレミアの券。

実際行ってみたら、スカスカに空いていて
一般チケット(2000円)にしました。

前日がカウントダウンで混雑日だったから
元旦は穴場日だったのかも。


2014_01030462.jpg
2014_01030464.jpg
2014_01030469.jpg
光の回廊

動物の形のイルミや回廊を通って行くと…

2014_01030470.jpg
2014_01030476.jpg
光のビックブルー

青い光の海は青色LEDらしく
めちゃんこ奇麗

光のキューブという四角い建物?も色が
変わって奇麗なんだけど、ブレブレで画像ナシ。

2014_01030475.jpg

青い光の海に浮かぶ
ライトアップされた大阪城。

2014_01030482.jpg

大阪城、久しぶりに近くで見ますが、
美しいお城だなぁ~と改めて思った。

足元が暗くボコボコで悪くて、
ここで軽く捻挫しちゃって(涙)

これからハワイ行くってーのに
どうしよう!な事もあったけど
なんとか大丈夫でした。

3Dマッピングと
ジュエルイルミネーションショーは
交互に開催するので

ジュエルイルミを途中から鑑賞。
(一枚も画像がない… すっかり撮り忘れ)

クラッシックの音楽に合わせイルミが
動いて奇麗!!

なんだけど色が単調で長くて飽きるかも…(笑)

プレミアムチケットの人は
椅子に座って鑑賞でき
一般は立ち見で差をつけてました。

わりと前で見れたので
問題なかったですが。

そして、メインの3Dマッピング~~♪
一般用の席、ガラガラに空いていたので
見やすい所で鑑賞。

2014_01030483_20140202015541e3d.jpg
2014_01030488.jpg

大阪城が切られるわ、炎上しちゃうわ、
グルグル回転するわ、虎とか怪獣とか
出てくるわで、あまりの斬新さに驚いた。

最後のほうは、なぜかガンダム感じる?
演出な気がして…

こんなになっちゃって秀吉も
あの世でさぞかし驚いてるわー
なぐらい。

夫婦して凄かったね…と。

私達、一昨年のGWに京都で、
ねね(秀吉の奥さん)の
お墓(高台寺)に行ってから

秀吉に呼ばれてるかのように
行く所、行く所、秀吉ゆかりの地でね。

まだ更新していない国内旅行記で、この話
これから出てきますが…

2014_01030495.jpg

屋台がたくさん出てまして
小腹空いたのでたこ焼きを。
※前の方はウチの旦那ではありません。
お店の方です。

2014_01030499.jpg

熱々のたこ焼きで口の中を火傷(笑)

2014_01030494.jpg

ついでにiホットワインとホット焼酎を。

ババっと1時間ぐらいの鑑賞だったけど
12月は夫婦共に忙しく
地元のクリスマス・イルミすら
見に行く時間もなかったので
久しぶりに旦那と夜のデートに
ウキウキ♪

この金額(チケット代)ちょっと
高いなぁとも思ったけど、遠くに住む
関東人にはいい観光でしたし

そんなに寒くもなく、風もなくて
何より空いていたので、よかったね~と
ホテルに帰ったのでした。



ここから先は、モヤモヤ話です。

私個人の主観的感想であり、
ダークな話ですので
スルーしちゃって下さいまし。

実は、どうも3Dマッピングの内容に
違和感というか不自然さがあり、
また映像と共に流れる曲にモヤっとしたんです。

その後、ハワイに行ったり、
帰国後も忙しく、忘れてたけど

ネットで調べると
そうだったの?…と。

まあ去年、いろいろ書いたし
あまり深くは触れたくないので
この辺で終わりにします。

たまたま大阪に行き、たまたま開催されていた
イルミネーションショーに行っただけの事だけど

秀吉さん、何か伝えたかったの?
また呼ばれた気がしないでもない
不思議なイベントでした。

関連記事
スポンサーサイト