FC2ブログ

共感疲労に記念日反応

いや、いや・・・
やっと前の生活に(お出かけしたり、旅行したり)戻りつつあると
思ったら、急に襲ってきた、胸のざわつき。
あの日のことを、急に残しておきたくなって、わぁーと書いたりして。

いったい、わたしはどうしちゃったの?と
心理を探ってみたら、精神科医の香山リカ先生が書いている通りでした(汗)

どうやら、震災から1ヵ月が経ち、激しい記念日反応だったみたいです~。
(そういえば、1週間の時もヘンで、ここで不安爆発して、心配かけてしまったわ。。
その節はすみませんでした。)

これです↓毎日JP 香山リカのココロの万華鏡より転記します。 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

震災から1カ月。それぞれの人が、それぞれのすごし方をしたはずだ。

中には、1カ月前のあの日のことが生々しく思い出され、
恐怖、悲しみが再び襲ってきた、という人もいるのではないだろうか。
生活がやっと元のリズムに戻りつつあったのに、
また体調が悪くなったという人もいるかもしれない。

大きなできごとから1週間、1カ月、1年など節目節目のときに、感情が激しく揺れてしまう。
これは、精神医学の世界で「記念日反応」と呼ばれる現象で、それ自体は異常でも病気でもない。
テレビや新聞が「あれから1カ月」と強調するのも、この反応の引き金になることがある。
ただ、いくら「異常ではないのだ」と思っても、それ自体はとてもつらく、
「少しは立ち直ったはずだったのに」と感情の揺り戻しにショックを受ける人もいるだろう。

とくに、繰り返す余震や原発事故への不安が、1カ月目の心の反応をよりシビアなものに
しているおそれがある。

この記念日反応自体が起こらないようにするのは、正直言ってむずかしい。
ただ、そういうものがあると知っておくだけでも、心は少しラクになるはずだ。
「最近、なんだかまた心がざわつくな。涙もよくこぼれるし。
そうか、これが1カ月目あたりの記念日反応なのか」と思うと、
「誰でもなることなんだから、だいじょうぶ」とやり過ごしやすくなるのではないか。
また節目の時を自分であえて「あれから半年か」などと意識して、静かに祈りの時を
すごすなどすれば、えたいの知れない感情による動揺を減らせると思う。

考えてみれば、これだけの大災害なのだから、立ち直りの道のりが
一直線でないのも、あたり前。
節目の時期に気持ちが揺れるのは、ごく自然のことだ。
少し前向きになったかと思うとまた落ち込み、やる気があふれてきたはずなのに
突然、無気力になる。山あり谷ありでだんだん、元気になっていけばそれでいいのだ。

復興の歩みの中で、停滞したりまた心が逆戻りしたりすることを、後ろめたく
思わないでほしい。
むしろ、発生直後から一貫して前向きで元気いっぱい、という人のほうが、
いつかその疲れが一気に出るのでは、と心配だ。

こんな中、誰もがいつもの自分でなんかいられるはずがない。
心にも何が起きても不思議ではない。驚かずうろたえず、自分の変化を
受けとめながら、できることをできる分だけやっていく。
できないときには無理をしない。そんなジグザグの歩みでいいはずだ。

私の所に通院してくる患者さんの多くは、原発事故や放射能汚染への不安、
被災者のために何もできないという罪悪感、繰り返し流されるテレビの悲惨な映像による
トラウマなどから、涙が止まらないといった症状を訴えています。

被害を目の当たりにして「ボランティアにいかねば」と焦燥感にとらわれたり、
過剰に節電したり、自分の生活が苦しいのに義援金を送らねばと
浮足立つ人も見受けられます。

被災地外の人は、自分をしっかりと保つことが被災地支援にもつながります。
いつもと違うことをして精神バランスを崩してしまっては、支援どころではなくなります。

今すぐボランティアに行けなくても1年、3年、5年後に人手やお金が必要に
なることがあるはずです。
あわてふためくのではなく、余力を蓄えておくことが大切です。
2番手、3番手でもいいじゃないですか。自分の力が必要とされる時が必ずきます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


そうか~、そうなんだ。そのまんまだわ。。
今は、前のようにふつうの生活して力を蓄えて、その時が来たら
頑張るわー。私なりの支援で!!


ついでに共感疲労のことも。これもそのまんま・・でした。
ダイヤモンド社の香山リカの「こころの復興」で大切なことから転記。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

映像や被災地に関する情報は、津波の場面だけではなく、肉親を失った人、
家を失った人のインタビューや避難所での厳しい生活ぶりを伝えます。
それに触れて、被災者に共感し過ぎることで精神が疲労してしまうのです。

これは、臨床心理学の世界で「共感疲労」と呼ばれています。
災害時に被災地に入る医療関係者やボランティアにもよく見られ、
相手の境遇に心を寄せて考え過ぎるあまり、自分のエネルギーが
すり減ってしまう状態です。

これまでに起きた災害では、何らかの形で自分が関わっていない限り、
多くの人は「被害に遭った人はたいへんだ、でも自分は違う」と、自分の身には
起こり得ないことと捉えることで心を守ってきました。

しかしながら、今回の震災は人ごとと考えようとしても、それができないくらい
規模の大きい災害です。相手の身になって考えてしまう期間はこれからも続くので、
共感疲労を起こす人がますます増えてくると思います。

「いますぐ何かしなくちゃ」と発信し続けたり、すぐに行動に移そうとする人です。
これは、人間が危機を直面した際の反応として、極めて自然なことだと思います。

しかし正直に言うと、私はこういう人に危うさを感じています。
それは、普段とは違う人になっているからです。人間は、一つの出来事で
劇的に人格が変わることはありません。それまで他人に関心がなかったように見えた人が、
震災によって世のため人のために行動するのは悪いことではないですが、
長続きするかは疑問です。

あらためて言うまでもなく、今回の震災は、未曾有の出来事でした。
私たちの許容範囲を超えることが起きています。
それを自分なりに感じ取り、理解し、解釈し、自分なりに意味を見出すことは、
そんなに簡単にできることではありません。
動揺したり、パニックになったりするのは同然で、
それはその人が弱いからではないのです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

そうだよ、何かしなゃきゃってわたしがガラにもなく、ボランティアしようか?とか
真剣に考えたり、イオンの支援ポイント商品せっせと買ったり、募金しなゃきゃ~っ、
東北産の物買わないとーって忙しかったわ。。
あの日から人生感、人格変わった?って思っていたけど、長続きはしないのね。

あと、こんなに弱い人間だったけ?もっと図太いはずだったのに・・(笑)って
疑問だったけど、共感疲労だったのねぇ。

その他、非常事態に直面し、迫り来る恐怖や不安に向き合うのを
避けるための反動、の葬式躁病とか、いろいろあるのね。
詳しくは、↑でもリンクしたけどココをお読み下さいませ。

さすが専門医さんのお話はわかりやすいし、納得しました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この1ヵ月、めまぐるしく浮き沈みが激しい私に、自分のペースを変えない旦那は

‘何でそんなになるんだ。被害もなく体も健康なんだから、今まで通り過ごせばいいじゃないか。
お前1人が頑張ってどうなる規模の災害じゃないだろ。
前と変わらず、働いて同じような生活していくしかないんだよ。

富士山?俺が爆発するぞっ!太陽アフロ(←フレアです)だかなんだか知らないけどさ、
頭痛がするから地震が来るって?病院に行け!

もうTVもパソコンも禁止!黙って韓国ドラマでも観てろ~。
友達と遊びに行け~。‘

ですって(汗) 昔、韓ドラ禁止令出したくせにー。今は推進ですかい。
知らないわよっ、後で後悔したって。うっうっ(涙)

でも、でも~旦那の言うこと、まともかも・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

はじめまして、まのあさん。SCと申します

今までもまのあさんの情報発信が好きで何度かお邪魔していました。
今回の震災の記事はとても共感しましたので思わずコメントさせていただきました。まのあさんの記事を読んで少し心が落ち着きましたのでこれからもどんどん発信してくださいね。
ありがとうございます。

Re: No title

SCさん

こちらこそ、はじめまして。
コメントありがとうございます。

まあ・・。凹んだり、立ち直ってみたり、制御がきかなくなってしまった
こんな不安定なブログなのに・・
そんな優しいお言葉をかけてもらって。。(感涙です)

つたない文章の記事ですが、SCさんが少しでも
気持ちが落ち着かれたなら更新した甲斐があります~。
こちらこそ、お礼が言いたいです。
どうもありがとうございました。
またご訪問くださいねーー。

No title

まのあさん
ありがとうございます。やっと平静になれたと思ったら、久しぶりの緊急地震速報!(涙)  
大丈夫でしたか?やはり油断は禁物なのですね。横浜在住なので震度3でした。今晩のNHKで余震は少し減ってくるけど大きさはあまり変わらない旨の話をしていました。

Re: No title

SCさ~~ん。

いえいえ、こちらこそです~
そう!さっき久しぶりの地震速報(号泣)
ブログ更新して、胸のざわつきが少し静まってきたのに。。

SCさんも同じ横浜在住さんですか!
大丈夫でしたか?ビックリしたけど我家は大丈夫です。
同じ横浜~それは心強いです(嬉) 久しぶりに大きく揺れた気がして
オタオタしましたが、同じく震度3でした。

>今晩のNHKで余震は少し減ってくるけど大きさはあまり変わらない旨の話をしていました。
そうですか。減ってくるのは嬉しいけど、大きいのは勘弁ですね~
お互い気を付けて過ごしましょうね!
これからもよろしくお願いします~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2011.04.22 鍵コメ Nさん

こんばんは!
いえいえ、お礼なんてとんでもない~
そうなんです、なんかすごく納得しちゃって。

そうですか。
行動が早い企業なのですね。
素晴らしい!!
たしかに置いてきぼり感を感じちゃいますね。。
でも、今はね、しかたないですよ~
そうそう、余力を備えてですよね。
今すぐでなくてもいいのですもの、復興は長い道のりですものね。

うわ、わたしも!
入学式、石原軍団の炊き出し・・泣きましたよ~
まあ、何見ても泣けるんだけど、避難する途中で津波に襲われた小学校の
児童の話なんて号泣スイッチ入って大変でした。
しかたない、こんな大きな災害なんだから・・と
少しずつ元気になりましょう~お互いに。。

旦那ですか~
わたしにはこう言うくせに、影では市のボランティア活動をチェックして
いるんですよ~。見ちゃいました(笑)