FC2ブログ

2010.6 ソウル旅行記3日目 韓ドラロケ地 サムスンの階段

今回は予定ではNソウルタワーからここへ行くつもりだったけど
ホテルの野外プールで過ごしたため、ここだけ見に行ってみました。

‘私の名前はキムサムスン‘のロケ地の階段です。
ここは2年前に友人Tちゃんと行くつもりが間違えて偽階段で感動して
涙ぐんだという事件があったサムスンの階段(笑)
偽階段の話→こちら
今回はちゃんと本物に行って来れました!

行き方は南山へ行くロープウェイ乗り場から行くと分かりやすいらしいので
ホテルからタクシーでロープウェイ乗り場へ。
南山ホテルなグラハイからは、山道をブーンと走ってすぐに到着。

さて、地図を見て~と地図出してしていると、観光案内の小屋から係員みたいな
大きなウエストポーチ着けたアジュマ(おば様)が登場。
‘どこに行くんだ?‘と聞いてきた(たぶん)ので‘サムスン・ゲダン(サムスンの階段)‘と
答えると、ウエストポーチから小雑誌を取り出し、さかんにお店の記事を指差し
今、やってきたホテルの方向に戻るように私の腕をグイグイ掴み連れて行こうとする。

何度も‘サムスン・ゲダン‘を連呼する私に、‘ネーネー‘(ハイ、ハイ)と言いながら
聞いちゃいない様子。どうしょう~~。
‘テッソヨ~、ビアネ~(結構です~、ごめんね~)と言いながら立ち去ってしまった。

2人の会話を聞いていた旦那がポツリ。。
あの人さ、サムゲタンの店を勧めているんじゃないかな?
いやー!サムゲタン食べたいじゃなくてサムスン・ゲダンに行きたいのよ~~(爆)
私の言い方が悪いのね(涙)でも、古典コントみたいなやりとりに大笑い。

ロープウェイ乗り場に戻ります(笑)

この建物を背にして右側方向に歩いていきます。

2010_06260834.jpg
途中、こんな公園があり~

2010_06260835.jpg
この建物が見えてきます。この建物の隣がサムスンの階段。

2010_06260845.jpg
階段前の横断歩道を渡ります。ここもドラマに出てきますね。

2010_06260847.jpg
階段前の道も出てくるような。

階段にはちゃんと看板が!
    2010_06260841.jpg
2010_06260839.jpg
そう、そう!ここよ、ここ~~~~。

看板目指してまっしぐらに登ってしまい、画像撮ったら満足感いっぱいで
階段の全景を撮るのを忘れてしまいました。
ドラマのままの急斜面の長い階段でしたよ~。

行き方はロープウェイ乗り場まで行けば簡単。
アジュマが出てきたら、私みたいに余計なことは言わずに
右方面に歩いてくださいね(笑)
道なりに歩いて行くと左側にありますので。。

階段の前の道を下っていくと、左側にヒルトンホテルが見え、そのまま行くと
南大門です。南大門の店をぷらりと見て、タクシーでホテルまで
戻り、この後はホテルでランチに続きます。

まのあのお出かけ お気に入り つぶやき版 も営業中~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

タクシーで通った時にそれらしき階段見かけた
けれど、看板なかったし、私達も偽階段みて
喜んだのかも・・・・
↓の日記になりますが、新大久保もちょっと
行かない間に新しい店が増えていますね。
K-popの影響で、客層も若くなっているとか・・・
ふるるく麺は私も好きで良く買ってますよ。
チョン ジュノssiは、ハワイの多分ハワイアナ
ホテルかな??のオーナーだそうで、それ聞いたら好感度が私の中で急上昇しています。
こう暑いとハワイに行きたいですね。

Re: No title

KEIさん
こんばんは~

南山は階段が多いので似たようなのが
あるらしいですが、看板はここ最近に取り付けたみたいなので
昔だったらKEIさんの階段は本物かもしれませんよ。

そうそう、K-POP最近人気ですよねー
新大久保のグッズ屋さん、若い子がいっぱいでした。
ちょっと前はオバサン専用だったのにね(笑)

おー、ふるるく麺食べていましたか!
素麺みたいで軽くて美味しいですよね~

> チョン ジュノssiは、ハワイの多分ハワイアナ
> ホテルかな??のオーナーだそうで、それ聞いたら好感度が私の中で急上昇しています。
えーーーー!ハワイアナってチョン ジュノssiがオーナーだったとは!!
でも、閉館しちゃいましたね。ジュノssi、負債とか大丈夫かしら。。
最近、活躍しているし、大丈夫か~なんて、心配ですけど。
そんな経歴があるなんて、私も高感度UPですわ☆

> こう暑いとハワイに行きたいですね。
そうそう~~~!
これを言うと、ハワイ?もっと涼しい所に行きたいと言われるけど
違うんですよね~~。同じ太陽ギラギラならハワイに行ってビーチに
行きたいし、あの、そよそよとした風に当たりたいというか。
KEIさんが同じ感覚でとっても嬉しいです~!(^^)